コンプレックスからチャームポイントに変身させる美容整形

半永久的な効果

鼻中隔延長術の方法とは

美容外科は、美容を整えるために、なんらかの手術を施すもので、その希望する部位によってさまざまな美容外科の種類があります。
そのひとつが鼻中隔延長術です。
鼻中隔延長術は、主に鼻先の形を整えるために行うものです。
仕組みとしては自身の身体の中から軟骨を取り出し、鼻先に埋め込むというものです。
このさいに採取される部位は、耳介軟骨や肋軟骨、鼻中隔軟骨などがら必要に応じて選ばれます。
もっともポピュラーなのは耳介軟骨で、耳の後ろ側から採取されるので傷が目立たないメリットがあります。
肋軟骨は、バストのアンダーのいちから採取されます。
採取量は肋軟骨がもっとも多く取れます。
また鼻中隔軟骨は採取部の変化が起きませんが、採取量が限られます。
これら採取された軟骨を鼻筋または鼻先に形が整うように挿入する形で手術が行われます。

受けることで得られるメリット

鼻中隔延長術を行うメリットは、鼻筋を整えることです。
鼻の形は人によってそれぞれですが、生まれつき鼻先が上向きであったり、鼻先が低く高さがほしい人、鼻筋が上がっているので反対に下げたい人、鼻の穴が正面から見えやすい人などが鼻中隔延長術を受けるのに適しています。
また鼻筋を整える美容外科のひとつであるL型プロテーゼによる変形で上向きになってしまった場合に鼻先を整えるためにも行われます。
鼻中隔延長術では、採取された軟骨を鼻先にただ載せるのではなく、既存の鼻を構成する鼻翼軟骨との間に挿入する形で移植が行われます。
軟骨と軟骨の間に挿入されることにより、挿入した軟骨が固定され、鼻の高さや細さ、向きなどが大きく調整できるメリットがあります。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013